本文へスキップ

自ら学び ともに語らい 知を育む

〒214-0035 神奈川県川崎市多摩区長沢3-17-1    →アクセス

TEL:044-977-3800 FAX:044-976-9398

自然科学コースとは

HOME >>> 自然科学コースについて >>> 実習の様子

自然科学実習 (自然科学の生徒のみ・宿泊研修)

《1学年》富士山宿泊研修



  • 目  的 
    1. 自然の素晴らしさや巧みさおよび厳しさ等を知る。
    2. 豊かな感性やお互いを助け合う気持ちを育てる。
    3. われわれの生活している地球のすばらしさを学習する。
  • 場  所 : 富士山(五合目)〜富士山(三合目) および富士山周辺
  • 日  時 : 夏季休暇中 1泊2日
  • 宿泊施設 : 奥庭荘 山梨県南都留郡鳴沢村富士山奥庭 (電話 0555-82-2910)
  • 行  程  
    1. 1日目  生田高校出発 [7:30(出発)] ―  山梨県環境科学研究所[10:00〜12:30] ― (昼食:弁当 研究所のウッドデッキにて)[12:30〜13:30]   ― 富士山五合目から お中道にて下山[14:00〜15:20] ―  宿舎(奥庭荘)着(泊)[15:30] 到着後 奥庭での自然観察  
    2. 2日目  宿舎発[8:00] ― (自然観察) ― 富士山(三合目) [11:00] ― 三合目駐車場にてバス乗車 [11:00] ― 船津溶岩樹形[11:30]  ― (昼食:弁当 環境科学研究所付近) [11:30〜12:30]― 環境科学研究所[12:30〜14:00]―風穴[14:30〜15:30]  ― 生田高校着[18:00] 解散  
  • 学習課題 
    1. 箱根の火山や周辺の植物
    2. 富士山の気候
    3. 富士山の成り立ち
    4. 植物の垂直分布
    5. 夏の星座
    6. 溶岩樹形
  • 事前指導 : 「環境科学」の授業に於いて、富士山の地質・成り立ち・自然環境について予習を行う。


《2学年》つくば自然科学実習


  • 目  的 : 研究施設の見学を通して、科学の最先端技術や研究成果に直に触れることで、 自然科学への理解を深める。
  • 実施場所 
    • (独)宇宙航空研究開発機構 JAXA 筑波宇宙センター
    • (独)産業技術総合研究所 サイエンス・スクエア つくば、地質標本館
    • (独)物質・材料研究機構 
    • サイバーダイン社
  • 日  時 : 夏季休暇中 1泊2日
  • 宿泊施設 : ゆかりの森 宿舎あかまつ 茨城県つくば市遠東633  029-847-5121
  • コース 
    1. 【1日目】 生田高校出発[7:00(集合)7:15(出発)] ―産総研〈サイエンススクエアつくば〉(見学)[10:30〜11:30] ―昼食(各自)[11:30〜12:30] ―〈地質標本館〉(説明・見学)[12:30〜13:30] ―筑波宇宙センター(講義・見学)[14:00〜16:20] ―宿舎(あかまつ)着(泊)[18:00]
    2. 【2日目】 宿舎発[8:30] ―物質・材料研究機構(講義・見学)[9:00〜12:00]昼食(各自) ―サイバーダイン社(講義・実習) ―生田高校着[18:00]
  • 見学施設
    • 「サイエンススクエアつくば・地質標本館」
        →独立行政法人産業技術総合研究所(産総研)が行っている最先端の研究成果や社会への貢献、地球化学エネルギーなどについて紹介しています。
      茨城県つくば市東1−1−1 TEL 029-861-2130
    •   (筑波宇宙センター)
        →宇宙開発の最先端分野の研究・開発・試験を行い、日本の宇宙開発の中枢センターとして多彩な活動を行っています。
      茨城県つくば市千現2-1-1  TEL 029-868-2023
    • (独立行政法人 材料物質研究機構 NIMS)
      →金属材料技術研究所と無機材料研究所が合併して発足した。その名称が表すとおり、物質・材料の基礎基盤的研究開発および重点研究開発などを総合的に行っている研究 機関である。
      茨城県つくば市千現1-2-1  TEL 029-859-2000
  • 学習課題:宇宙環境、最先端技術について実習で学ぶ。
  • 事前指導:「化学」の授業に於いて、先端技術の物質や宇宙環境について予習を行う。

理科実習 (一般の生徒・保護者も参加可能)

海の生物観察会


  • 目  的:身近な海の生物に触れ、海産無脊椎動物に関する探究心を深める。
  • 講  師:横須賀市人文・自然博物館 萩原清司 学芸員
  • 日  時:6月ころ
  • 対  象:全学年
  • 場  所:神奈川県横須賀市佐島3-7-3 横須賀市人文・自然博物館 天神島臨海自然教育園
  • 行  程: (集合)JR横須賀線 武蔵小杉駅 ホーム 横浜方向先頭付近 7:20 
    • 7:31 JR横須賀線 武蔵小杉駅 出発
    • 8:13 JR横須賀線 逗子駅 到着
    • 8:33 京浜急行バス逗子駅発 佐島マリーナ行き(逗子駅A乗場)
    • 9:40 京浜急行バス 佐島マリーナ 到着
    • 9:50 天神島臨海自然教育園 到着
    • 12:30 昼食、その後海浜植物等の説明
    • 14:00 天神島臨海自然教育園 出発
    • 14:43 京浜急行バス佐島マリーナ発 逗子駅行き
    • 15:20 京浜急行バス 逗子駅 到着
    • (解散)京浜急行 新逗子駅 または JR横須賀線 逗子駅


ムササビ観察会


  • 目  的:野生動物を観察することにより、自然に関する探究心を深める。
  • 日  時:12月中旬ころ 
  • 対  象:全学年
  • 場  所:東京都八王子市 高尾山 薬王院
  • 行  程: (集合)JR南武線 登戸駅 立川方面ホーム 13:00
    • 13:10 JR南武線 登戸駅 出発
    • 13:30 (乗換)京王線 分倍河原駅 高尾山口・八王子方面へ
    • 14:10 京王線 高尾山口駅 到着
    • 15:30 ケーブルカーにて高尾山(薬王院)へ
    • 16:30 日没よりムササビ観察          ・日没後1時間内によく活動するので、巣穴を中心に観察
    • 18:30 薬王院出発(徒歩で下山)
    • 20:30 京王線 高尾山口駅 出発
    •          (解散)京王線 高尾山口駅


丹沢の野生動物観察と森林育成活動体験


  • 目  的:丹沢の自然に触れ、神奈川の自然に関する探究心を深める。
  • 日  時:春季休業中 (1泊2日)
  • 対  象:2、3学年
  • 場  所:神奈川県愛甲郡清川村煤が谷5172-1 神奈川県立札掛森の家 及び その周辺
  • 宿泊施設:神奈川県立札掛森の家 愛甲郡清川村煤が谷5172-1
  • 行  程
    • 1日目:新百合ヶ丘駅---[小田急・小田原線]---秦野駅---[神奈中バス]---ヤビツ峠
    • 2日目:蓑(みの)毛(げ)------[神奈中バス---]---秦野駅------[小田急・小田原線] --- 新百合ヶ丘駅
    • ヤビツ峠から森の家まで徒歩で約1時間半。途中で森林育成活動体験を行ない昼食。 周辺で野生動物(シカ、ムササビ、モモンガ、アナグマ、テン、ツキノワグマ、オオ タカ等)の観察。
    • 帰路はヤビツ峠を経て蓑毛まで徒歩にて約2時間半。秦野駅周辺にて各自昼食。
    • 小田急線 新百合ヶ丘駅 15:00解散予定

自然科学コースの特別授業



《1学年》火山噴火シミュレーション実験


  • 目  的:火山噴火の実験を通して、富士山の成り立ちを学び、富士山に関する探求心を高める。
  • 講  師:生命の星・地球博物館 笠間友博 氏
  • 日  時:6月ころ 
  • 対  象:11R生徒全員
  • 場  所:本校 物理実験室
  • 内  容: 4名のグループで、使用済家庭用油と固めるテンプル、色つきの砂を使った 富士山の噴火シミュレーション実験を行う。
  • 事前指導:「環境」の授業に於いて、富士山の地質・成り立ちについて予習を行う。

かながわサイエンスパーク(KSP)見学


  • 目  的:光触媒についての知識を学び、KSPの測定器を見学する
  • 講  師:東京理科大学 学長  藤島昭 教授
  • 日  時:11月ころ
  • 対  象:11R生徒全員
  • 場  所:かながわサイエンスパーク(KSP)
  • 行  程
    • 12:45 学校出発
    • 13:30 KSP到着
    • 15:40 現地解散


鉱物観察


  • 目  的:火山灰の鉱物の成り立ちや種類を学び、鉱物の観察を通して、火山に関する探求心を高める
  • 講  師:生命の星・地球博物館 笠間友博 氏
  • 日  時:1月ころ
  • 対  象:11R生徒全員
  • 場  所:本校 科学講義室
  • 内  容:火山灰に含まれている鉱物を洗い出し、実態顕微鏡で観察し、特徴や名称を調べる。
  • 事前学習:「環境」の授業や、夏季休業中の自然科学実習に於いて、富士山の地質・成り立ちについて予習を行う。


化石採集


  • 目  的:多摩川河川敷での化石採集を通じて、生田付近の地質・地層から近辺の土地の成り立ちを知る。
  • 日  時:2月ころ
  • 講  師:本校 教師
  • 対  象:11R生徒全員
  • 場  所:多摩川河川敷
  • 行  程
    • 12:50 学校出発
    • 13:30 多摩川河川敷到着/li>
    • 15:15 多摩川河川敷出発
    • 15:50 学校着
    • 16:00 解散
  • 事前指導:「環境」の授業に於いて、生田付近の地質・地層の成り立ちについて予習及びマナー指導を行う。