本文へスキップ

自ら学び ともに語らい 知を育む

〒214-0035 神奈川県川崎市多摩区長沢3-17-1    →アクセス

TEL:044-977-3800 FAX:044-976-9398

自然科学コースとはschool-life

HOME >>> 自然科学コースとは >>> 他機関との連携について

中高生の科学研究実践活動推進プログラムへの取り組み


  「国立研究開発法人 科学技術振興機構」(JST)の事業のひとつである「次世代人材育成事業」では、 次世代の科学技術系人材の育成に向けて、才能ある生徒の能力発揮・研鑽の場の提供、大学等と連携した高度な研究活動の実践や授業の展開を推進するとともに、教員指導力の向上に向けた取組も同時に推進しています。 この、事業の一つである"中高生の科学研究実践活動推進プログラム(以下・本プログラム)"に応募したところ、27年度の実践事例として取り組むことができました。
28年度も引き続き、科学研究活動を本プログラムの元で行うことができます。
詳細はこちらをご覧ください。
現在は、次の4つの研究テーマを取り上げ、日々の活動を行っています。
  1. コイルガンの研究
  2. オサムシの偏食について
  3. 骨格標本の作成について
  4. ヒバカリの生態について

環境のための地球規模の学習及び観測プログラム(Globe)への取り組み

 GLOBE(Global Learning and Observations to Benefit the Environment)プログラム(以下本プログラム)は全世界の幼児・児童・生徒、教師及び科学者が相互に協力しながら、全世界の個々人の環境に関する意識の啓発、地球に関する科学的理解の増進、理数教育においてより高い水準へ到達するための手助けとなることを目的として環境観測や情報交換をおこなう、学校を基礎とした国際的な環境教育のプログラムです。
生田高校は27年度に本プログラムに応募し、水質調査について実施することになりました。27年度は多摩川水系である平瀬川の護岸工事と水質の関連についての調査を行い、どの程度の汚れが見られるのかを測りました。 今年度も引き続き調査を行い、一定の成果を出したいと考えております。
27年度の中間報告書が こちらから見られます。